電磁波防止で生活の質を向上させよう!

電磁波の悪影響や予防方法とは?

予防

 

電子レンジやスマホ等を活用する時に、電磁の波が発生するものですが、これを浴び続ける事によって心身に不調をきたす可能性があります。

 

個人差が大きくて、電磁波に対して過敏な方が不調に陥る事が多いのですが、家電や周辺機器による微弱な電磁を浴びる事によって、不眠症や頭痛、吐き気といった症状が出る事もあるのです。

 

神経症やノイローゼと混同するような症状に苦しむ方もおり、電磁に対して過敏な方が影響を受けやすいですが、症状としては様々なものが挙ります。

 

目の痛みや視力障害、肌が乾燥したり湿疹が起こる等の肌トラブル、鼻つまりや鼻水、ほてり、歯の痛みや口内炎症状等の口腔内トラブル、頭痛やうつ症状、他にも集中力低下や倦怠感、しびれ、これらの症状が複合する事で、ノイローゼ等に陥る事があるものです。

 

こうした悪影響を防ぐ為にも、予防対策を行う事は有効であり、身近で発するものとしては、周辺住環境の影響として変電所や高圧送電線は影響が大きいもので、高圧送電線近辺に住んでいる方は注意が必要になります。

 

とは言え、賃貸ならともかく持ち家が変電所や高圧送電線の近くにある場合はどうしようもありませんよね。。。
そんな場合は電磁波防止グッズをフル活用してできることから始めてみると良いですよ。

 

こういった電磁波防止グッズは楽天市場が日本で一番品ぞろえがいいです。
例えばこのお店なんかは電磁波防止のエプロンなど妊娠されている方や赤ちゃんがいらっしゃる方向けのアイデア商品がたくさんです!

電磁波防止エプロンならCHARM BABY

 

家の中ではテレビやパソコン、スマホ、電子レンジ、状況次第では高圧送電線以上の波が家電から発生している事もあるのです。

 

消費電力が大きな家電製品は、波を大量に発生させる例が多く、長時間体を密着させて使う、電気毛布やこたつ、カーペット、こういったものには注意が必要になり、パソコンを一日中仕事で使っている方も対策が必要です。

 

頭部周辺に影響を与えるドライヤーや電動歯ブラシ、電気シェーバー、スマホ、こうしたものにも注が必要になります。

 

基本的に電気がある場所に存在する波であり、体質や環境、色々な要因で影響を受けやすいかどうかは変わりますが、対策商品が沢山存在しています。

 

電磁の波の強さを測定する機器があり、どれだけの強さか客観的に知る事が出来るものは対策意識が高まる上でも有効です。

 

他にも電磁カットするウェアやカーテン、カーペット、シールド材、様々な対策を行える商品があります。

 

アーシングと言われる健康法がありますが、体に溜めた静電気を外部に放出する方法があり、地面に素足で立ったり歩くと、大地に電気放出して、体に蓄積した電子を中和する考えがあるものです。

 

その考えをベースにした、アーシンググッズを使う事で、体に静電気が蓄積しやすい現在社会では、有効は対策になりますから、自身のライフスタイルに応じたアーシンググッズの活用は望ましいと言えます。

 

 

身近にある電磁波が人体に与える影響とは

頭痛

 

私たちに身の回りには、太陽光線やエックス線、赤外線、ラジオ波、テレビ波などさまざまな電磁波(電磁放射)が飛び交っています。
特に、近年は携帯電話やスマートフォンの普及に伴い、以前に比べると健康被害が深刻化しているといわれています。
最近は不眠症の子供や大人が増えていますが、これは電磁放射の影響と言われるほど、深く関係しています。
私たちが良質な睡眠をとるためには睡眠ホルモンが必要となります。
睡眠ホルモンは、メラトニンとも呼ばれるもので、眠りを誘い新陳代謝を促進し、疲れをとるなど、さまざまな働きをします。
この睡眠ホルモンを、電磁放射が破壊していると考えられ、メラトニンの量が減少することで、体内時計が崩れてしまい、安眠が得られなくなってしまうと考えられています。
メラトニンもセロトニンも、トリプトファンから作られる物質で、夜の光が弱い時間帯に産生され、生体時計のような役割をして、睡眠のパターンや思春期の開始、老化などのさまざまな生体のタイミングのコントロールに関わっています。

 

強い電磁放射を浴び続けると、脳腫瘍やガンなど細胞の病気のリスクが高まると言われていますが、携帯やスマートフォンなどの電磁放射を浴びることでも、睡眠に悪影響を与えてしまいます。
携帯やスマートフォンなどの電磁放射が睡眠に及ぼす影響としては、脳が強い光を浴びていると錯覚してしまい、熟睡することができなくなってしまい、不眠症になったり、日中の強い眠気におそわれてしまう原因となってしまいます。

 

枕元に携帯やスマートフォンを充電しながら眠っている人も多いと思いますが、1ヶ月ほど別の部屋に移して眠ってみると、何か変化を感じるかもしれません。
原因不明の慢性的な体調不良に悩んでいる場合には、一度電磁放射をできるだけ遠ざけてみるのも一つの方法です。

 

これは人間だけではなくペットも同じです!
ペットの電磁波対策。不調な原因は電磁波では?

 

一般的に消費電力が大きい製品というのは、多くの電磁放射を発生させていると考えられています。
もっとも注意が必要とされているのは、電気毛布や電気敷布団、電気こたつ、パソコン、電気カーペットで、長時間の使用によって電磁放射を浴び続けることから、危険な製品と認識する必要があります。

 

このようなものでも楽天市場にはたくさん電磁波防止の対策商品があります^^

電気ひざかけ

 

腰すっぽりヒーター

 

カーペット

 

また、携帯電話やドライヤー、電動歯ブラシ、ビデオカメラ、電気シェーバーなども、頭部への影響に注意が必要となりますから、注意して使用する必要があります。
そのほかにも、天井や壁、床などの埋め込まれている配線などからも、電磁放射が発生していますから、見えない場所にも注意が必要となります。

 

電磁波の有害な周波数について

電圧が生まれる場所と電圧が流れる場所の間を、相互作用しながら流れる波のことを電磁波と呼びます。近年はスマホを使用する人が大多数のため、スマホから出る電磁波が問題になっているようです。スマホだけでなく、電子レンジやIH調理器といったような家電製品からも電磁波は出ています。電磁波はマイクロ波と高周波がありますが、スマホの電磁波は前者のマイクロ波です。周波数は「300MHz?300GHz」です。

 

よく比較されるのが放射線ですが、一定量を超えなければ健康に被害はないと言われています。

 

それに対して電磁波は、どのくらい浴びたら有害なのかが科学的に立証されていません。ですからどのように注意をすれば良いのかといったような対処法が未だに分かっていないのが現状です。ですが電磁波の悪影響から健康に被害が出ているのではないかと推測される症状が報告され続けています。そのことを考えると、何の対処もしないわけにはいきません。

 

スマホの電磁波は、前述したように、マイクロ波に分類されます。そして電子レンジよりも強いのではないかと言われています。さらに良くないのは、スマホは脳の近くで使っているということです。スマホの使用中は、通話であれ、アプリであれ、電磁波が常に流れている状態なのです。またスマホはどの電化製品よりも使用頻度が高いことも、脳に危険があると危惧されています。

 

ただし電磁波が健康に悪いことは明らかですので、周波数には上限が設定されています。ですがやはり身体への悪影響は避けられないわけですから、離れておくことに越したことはありませんね。

 

スマホと比較されるのはガラケーですが、ガラケーの方が少し電磁波が弱いのはアンテナの存在が理由のようです。スマホにはアンテナがないので、ガラケーよりも多くの電磁波をつかまえるように製造されています。
またイヤホンをしていれば安全であるかのように言われていますが、イヤホンからも弱い電磁波は流れています。スマホが身体から少し離れるだけですので、絶対的に大丈夫だということはありません。
電磁波が健康に及ぼす悪影響には、「不眠症」「吐き気」「めまい」などの症状が指摘されています。そして「電磁波障害」という症状もあります。

 

スマホが浸透してから何十年にもならないため、身体への明確な悪影響はまだわからない状態です。ですが、何年か経って影響が現れる可能性はあります。活性酸素の増加によって老化が早まったり、自律神経の働きにも影響があると言われています。

 

頭痛や疲労のような症状も電磁波の影響である可能性は高いのですが、はっきりとそれが有害だと気づきにくいことも、問題を複雑にさせています。

 

 

 

更新履歴